育て方などQ&A

毛糸のコケ玉®の育て方について

どのくらいのタイミングで水をあげたらいいですか?
また、水やりの方法を教えてください。
水やりは10日に1回くらい。コケ玉が固くなっていたら水をあげましょう。湿度を嫌う多肉植物なので、水をあげすぎると根が蒸れて腐ってしまいます

[毛糸のコケ玉®の水やりの方法]
  1. 深さのある容器に水をはりコケ玉を入れます。(約15分)
  2. ブクブクと底に沈んだら取り出しの合図です。
  3. 両手でコケ玉をギュッと絞って水をきります。(ちゃんと絞れていないと、根腐れの原因になり植物が枯れてしまいます)
  4. しっかりと水が切れたら、セットの台座に置いてください。

*詳しくはこちらをご覧ください。
毛糸のコケ玉®毛糸のコケ玉®plus

YouTubeで管理・お手入れ方法の動画も配信中です。

どこに置くのがいいですか?
多肉植物は暖かく乾燥した土地で生まれた植物なので、日光が大好きです。基本的には、適度に日が当たる風通しの良い場所で育てるのがいいでしょう。外で育てる場合は、直接雨が当たらない場所に置きましょう。
夏は直射日光やエアコンの風は避け、冬は3℃以下にならない暖かい室内に置いてください。

とはいえ、そんなに条件の良い場所はなかなかないものです。
毛糸のコケ玉®は土を使っていないので、お部屋やキッチン、職場のデスクなど、どこに置いても大丈夫です!
小さな植物との暮らしを楽しんでください。
植物に元気がありません。根腐れしてしまっているのでしょうか?
湿度を嫌う多肉植物なので、水をあげすぎると根が蒸れて腐ります。水やりを止めて、適度に日が当たる風通しの良い場所において様子をみてみましょう。
葉や茎に張りがなくなり、黒や茶色に変色していたら根腐れしてしまっているのかもしれません。
毛糸のコケ玉®はオリジナル商品ですか?
はい。「毛糸のコケ玉」はカンキチ工房の登録商標です。
残念ながら類似品も出回っているようです。お買い求めの際はお気をつけてください。
カンキチ工房では、ご購入後の植物についてのご相談やアフターケアについてもご対応しています。
月日が経ち、だんだん植物の形が変わってきたのですが。
成長にともない自然と植物の形は変わっていきます。
植物の種類や日当たりなどの条件で育ち方も変わってきますが、元気に育っていれば何の問題もありません。
ひとつひとつの個性と成長を楽しんでいただけたらと思います。
写真は、成長したコケ玉たちです。

植物が成長して茎が縦に伸びたせいか、倒れやすくなってしまいました。 どうしたらいいでしょう?
長く可愛がっていただきありがとうございます!
毛糸玉の部分も大きく作り直すことで安定も良くなります。
カンキチ工房にお持ちいただければ、毛糸玉を巻き直しいたします。新しい毛糸の色でリフレッシュしてさらにまた可愛くなりますよ。

*その他、ご購入いただいた作品について心配なことなどありましたら、お気軽にご相談ください。

教室・ワークショップについて

少人数グループでも申込みできますか?
子どもの参加も大丈夫ですか?
お一人様から受付けていますので、お気軽にお申込みください。
毛糸のコケ玉®教室は4歳以上のお子様からご参加可能です。
教室について詳しくはこちらをご覧ください。
毛糸のコケ玉®以外のワークショップはありますか?
季節によってクリスマスリースやお正月飾り、多肉植物の寄せ植えなどのワークショップも行っています。開催する場合にはブログでお知らせいたしますので、ぜひご参加ください!

カンキチ工房について

毛糸のコケ玉®など、カンキチ工房の作品はどこで購入できますか?
カンキチ工房店舗各お取扱い店にてお買い求めいただけます。
また、オンラインショップもございますので、よろしければご覧ください。
各地のイベントへの出店は、ブログでお知らせいたしますので、チェックしてみてください。
作品を映像や雑誌の小道具で使いたいのですが。
内容を記載のうえ、お問い合わせください。
これまでのメディア掲載はこちらをご覧ください。